オンラインカジノで稼いだお金に税金はかかるのか?

オンラインカジノをプレイしていて高額当選に当たった!連勝して大きな金額を稼いだ!なんてことがあった場合は税金を払う必要はあるのでしょうか?ギャンブルで得たお金だから申告しなくてもいいのではないか?申告しなくてもバレないのではないか?そんなことを考えている人もいるかもしれません。
そのために今回はオンラインカジノで稼いだお金は税金がかかるのか?を解説していきたいと思います。

オンラインカジノで稼いだお金は税金がかかる?

オンラインカジノと言わずギャンブルは「宝くじ」を除いて全てのものに税金が発生します。
ギャンブルなどで得た利益や収入は、稼ぐために継続的に行う行為によって発生した所得でなく一時的に得た所得として見なされるために「一時所得」というものに分類されるために納税する義務が発生します。

「収入金額-支出金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得」という計算方法になっていて、残ったお金を税務署に申告する必要が出てきます。

簡単に言ってしまうと特別控除額というものが50万円あるので利益として50万円を年間超えてしまうと税金を払う必要があるということになります。
払わなければ脱税となってしまうために処罰の対象となってしまいます。

なぜオンラインカジノは税金を払わなければいけないのか?


日本の公営ギャンブルである「競馬・競艇」などのギャンブルも税金を払う必要はあります。ですが、利益が出たから納税したなんて話は全然聞いたことがありませんよね?

それには払戻金の受け取り方によるものがあります。公営ギャンブルの場合ほどんどの場合が現金を使ってその場で支払われることが多いです。そのためにいくら賭けていくら儲けたのかが不透明になってしまい税務署の方では管理が難しいために多くの人は見逃されているということになります。

ですがオンラインカジノはどうでしょうか?クレジットカードなどや銀行口座などからオンラインカジノやE-Wallet(イーウォレット)の方へお金を入れます。出金の時もオンラインカジノもしくはE-Wallet(イーウォレット)から銀行口座の方へ出金するという流れになりますがその時に全てデータとして入金額・入金日・入金先などから出金額・出金日・出金先など全ての情報が筒抜けとなってしまうために税務署のチェックがあればすぐにバレてしまうということになります。
そのためにオンラインカジノで稼いだお金は税金を払わなければバレてしまうということになります。

どうやって申告すればいいのか?

1月1日〜12月31日までに稼いだ金額を翌年の2月16日〜3月15日までに確定申告をする必要があります。
会社員の方も給料以外の収入になるため確定申告をしなくてはいけません。
期間内に税務署へ行くか今はオンラインでできるようになっていますのでどちらかの方法を使って確定申告をしましょう!

納税しないでいい方法とはないのか?

納税しなくていい方法とは少し違いますが実はオンラインカジノの場合あります。
まず考えて欲しいのが税金が発生するタイミングです。
通常公営ギャンブルに勝利した場合、払戻金を手にした時に納税する義務が発生します。ですがオンラインカジノの場合は、プレイしているのもE-Wallet(イーウォレット)も海外の運営企業となるために税務署の調査が入ることができません。
その場合はどうなるのでしょうか?オンラインカジノでゲームに勝ったときでしょうか?収支がプラスになった時でしょうか?

答えはお金を現金化してその金額が1年間で50万円を超えていた場合に課税対象となり納税する義務が発生します。

それがどれだけ収支がプラスになっていても出金しなければバレません。つまりどういうことかというと、オンラインカジノでゲームをプレイして大勝利して大きな利益が出たとします。それを出金せずにオンラインカジノ内の口座に入れたままにして年間50万円以下に抑えるだけで申告する義務はないので来年に持ち越します。そのオンラインカジノから次の年も50万円以下に抑えて出金するだけで税金を納めることなく全てが自分の手元に入ってくるということになります。

1年に1回50万円を超えないように49万9千円などでまとめて出金して好きに使うのもいいと思います。それ以外にも毎月41,666円を引き出せば1年間で「499,992円」になるのでギリギリ50万円を超えていないために申告する必要はありません。

せっかく大勝ちしたのに?と思われるかもしれませんが数億円規模の勝利なのであれば税金を納めたとしても全額出金する価値があるとは思いますが数百万円規模ならば数年に分けるだけで税金を納めなくていいのでそちらの方がいいと思います。

毎年1回50万円以下の旅行を計画したり欲しいものを買うということでもいいと思います。それに毎月4万が給料とは別で入ってくればそのお金をさらに投資に回してみたり、毎月の洋服や飲食に使っても生活がグッと楽になり今まで以上に楽しめると思います。

納税は日本人の義務ではありますが、うまい抜け道などを使って節税することはお金を賭けてプレイしているオンラインカジノプレイヤーにはとても重要なことになります。