オンラインカジノは逮捕される?危険性あるの?

オンラインカジノをやる前にその違法性や危険などはあるのかキチンと理解した上でプレイしなければなりません。逮捕はされるのか?違法となるサイトと違法ではないサイトとの見分け方などを説明していきます。オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノとは違法なのか?

まず結論から言うと、オンラインカジノ自体は違法ではありません!

ただ日本でオンラインカジノを利用することは「100%合法とは現状言えない」状態です。
どういうことか説明すると、現在の日本の法律では裁けないことも多く合法とは言えないけど違法とも言えないというなんともどっちつかずの法律になっているからです。

日本人が海外へ行き、ランドカジノでプレイすることや大麻合法国で大麻を吸引・所持していても海外にいる間ならば違法とはなりませんよね?
それはその現地の法律によって裁かれるので、日本を離れた時点で海外の法律が適応されることとなっているためです。

賭博法とは?

刑法第百八十五条 【賭博】

賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

刑法第百八十六条 【常習賭博及び賭博場開張等図利】

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

引用:刑法より一部抜粋

上記のようにギャンブルをすることと、胴元になることは刑法により禁じられています。

ですが、賭博罪は「対向犯」というものに分類されます。
賭博をした者と、胴元を両方成立していないと罪には出来ないということになります。そもそも日本は賭博をする人よりも胴元にあたる賭博を開く人間を摘発したいという気持ちがありました。そのため、賭博場を取り押さえる時に賭博をしている人を逮捕することはあってもその時にいない客は逮捕していないのです。

オンラインカジノの場合はどうなるのか?

では、オンラインカジノの場合はどうなるのでしょうか?

オンラインカジノの利用者を有罪にするためには、オンラインカジノを運営している側も有罪にする必要が出てきます。
ですが、オンラインカジノを運営するには海外の政府公認のライセンスが必要となっています。政府公認ということは「合法的に運営している」ということになりますので、日本の法律でオンラインカジノ運営を有罪にすることは出来ません。

それによってオンラインカジノを利用しているプレイヤーにおいても有罪にすることは難しいという見解となっています。

オンラインカジノは大丈夫なのか?

では、日本でオンラインカジノを利用していても大丈夫ではないかと思いきや、そうとも言い切れません。今までオンラインカジノを利用していたことで逮捕されてニュースになった人もいました。それによって「日本ではオンラインカジノは違法と断定されてしまったのか!?」と騒然としましたが不起訴処分になったことにより、より一層どっちつかずということになりました。

そもそも現在の日本の警察はオンラインカジノに対して「捜査令状」を取ることが出来ません。それによってどうなるのかというと利用者の

・プレイヤーのID
・住所や名前等の個人情報
・入金経路と金額
・賭けをした時間
・賭け金額
・儲けた金額
・出金経路と金額

などの情報が全くわからないということになります。これだけの情報を警察は証拠として集めるのは物理的に到底無理な話しとなります。

オンラインカジノの違法性についての総まとめ

現在の日本の法律ではインターネットに関する法律がまだまだ改正されていません。現在の法律では、日本にいてもインターネットには国境がないため海外に行っている時と同じ扱いになるということになります。

それに伴い、日本における「オンラインカジノは白に近いグレーゾーン」ということになります。合法というよりは現状では「違法には出来ない」ため法の網をくぐる「脱法」扱いとなっていますので、違法性がないとも言えないが起訴(有罪)にはならないということになります。

それも今現在の話になるので、法改正などがされた場合には「完全違法」となるか「完全合法」となるのかはわかりません。ですので、オンラインカジノをプレイするには自己判断にて行うようにしてください。