今さら聞けない「ブラックジャック」の遊び方

ブラックジャックってゲームがあるのは知っているけど、詳しく知らないしやったことないという人もいるかもしれません。そこで今回はブラックジャック基本ルールなどを詳しく説明していきます。

ブラックジャックとは?

ブラックジャックの特徴はまず「ディーラーとの対戦」ということになります。ディーラーもカードを引いてそれに勝つというもので「21」の数字に近い方が勝ちのルールとなります。

基本ルールとは

賭け金をテーブルにベットしてからゲームがはじまります。

自分とディーラーに2枚カードが配られます。ディーラーのカードは1枚は表向きになっていて、1枚は裏返しとなっている状態となります。
ここで「A」と「絵札」ならば「ブラックジャック」となり勝利になりましたので、ベット金額の1.5倍を受け取ることが出来ます。

「21」になるべく近い数字にするためカードを引いたり、そのまま勝負したりを決めます。
カードを引いて「21」以上の数字がでた場合は負けとなってしまうので、超えないように調整します。

自分が引き終わったら、ディーラーがカードを引き「17」以上になった数字で勝負してきます。

「21」に近い方が勝ちとなります。

勝った場合は賭け金の1倍が配当になります。

例えば、10ドルを賭けて勝利した場合は20ドルでの払い戻しとなります。
ブラックジャックの場合は25ドルの払い戻しとなります。両方賭け金も含めての金額になります。

カードの数え方

カードの数え方に特徴があるので、まず覚えましょう。
「2/3/4/5/6/7/8/9」に関してはそのままの数字で数えますが、「10/J/Q/K」10を含む絵札は全て「10」として数えます。
「A(エース・1)」の場合は、「1」or「11」として数えることが出来、自分の有利になるように数えれます。

ブラックジャックの用語とは

ブラックジャックにおける用語を覚えないともう一枚引きたいのに勝負をしてしまったなんてことが起きないように覚えましょう。

ヒット

手元にある2枚のカードでは、勝負が出来ないためにもう1枚カードを追加することになります。

スタンド

手元にあるカードで、ディーラーとの勝負をするためにカードをストップすることです。

ダブルダウン

最初の2枚配られて、次の3枚目のカードで引いて勝負するから賭け金を倍にすることが出来ます。最初に引いたカードで「11」や「10」の時に使ったりします。

スプリット

最初に配られたカードが同じ数字の時に、賭け金を同額追加するかわりに手札を分けて別々に勝負をすることが出来ます。

サレンダー

最初に配られたカード2枚とディーラーの表向きになっているカードを見て、勝てないと思ったら降参することが出来ます。その場合は賭け金が半分返ってきます。

インシュランス

ディーラーに配られた最初のカードで表向きになっている数字が「A」だった場合、「ブラックジャック」になる可能性があるのでそれに対する保険になります。

賭け金の半分を保険として賭けた場合、ディーラーが「ブラックジャック」場合は勝負には負けてしまいますが、保険が効いてプラスマイナス0になります。

「ブラックジャック」ではなかった場合は、保険として賭けたチップは没収されて通常のゲームとなります。勝負にも負けてしまうとダブルパンチになってしまうので痛手も大きくなります。

バースト

「21」を超えてしまうことで無条件で負け確定となります。ディーラーも同じで、自分が勝負で出たら、ディーラーもカードを引きますので「バースト」した時点でディーラー側の負け確定になるので、勝利となります。

ブラックジャック

最初に配られた2枚のカードが「A」と「絵札」の場合「21」となるので勝利となり1.5倍の報酬を獲得することが出来ます。

やってみよう

用語さえ覚えてしまえばそこまで難しいゲームではないので一度やってみましょう!