今さら聞けない「ルーレット」の遊び方

ルーレットはとても有名で、映画やゲームなんかで見たことはあるけど色々並んでいて難しいし、どこに球が止まるかなんかわからないから当たらない!と思っている方もいると思います。そのため日本ではあまりルーレットのルールは馴染みがないかもしれませんが、海外では大人気で、ランドカジノと言われる本場のカジノでは花形となっているほどのゲームになります。

◆ルーレットの種類

ルーレットには2つの種類があります。カジノによっては置いてあるルーレットが違う場合があるので、違いをしっかり覚えておくといいでしょう!

 

◇アメリカンルーレット

「0」と「00」を含んだ「1~36」の数字で構成されている38個の文字盤となっています。

 

◇ヨーロピアンルーレット

「0」と「1~36」の数字で構成されている37個の文字盤となっていています。

□ルーレットの違い

二つの違いと言えば「00」があるのか無いので判断するのが一番わかりやすい方法となります。「0」の横に「00」があれば「アメリカン」無ければ「ヨーロピアン」と覚えるといいでしょう。
他にも「アメリカン」の文字盤は数字が対角線上に必ずいるのに対して、「ヨーロピアン」は文字盤のならびに規則性がないという違いもあります。

◆ルーレットの賭け方

◇ストレートアップ (1点賭け)

1つの数字だけを選び、賭けると言う一番当てるのが難しい賭け方となります。ですが当たれば配当は36倍となります。

◇スプリットベット (2点賭け)

文字盤が並んでいるところの隣り合う数字に賭けると言うもので、縦でも横でも大丈夫で「線上」にコインを置いて賭けます。配当は18倍となります。

◇ストリートベット (3点賭け)

縦の1列に賭け3つの数字に賭けるものです。配当は12倍となります。

◇コーナーベット (4点賭け)

4つの数字が交わる線上に賭けるもので配当は9倍となります。

◇ダブルストリートベット (6点賭け)

2列に賭け6つの数字に賭けるもので配当は6倍となります。

◇ダズンベット (12点賭け)

「1st」1~12
「2nd」13~24
「3nd」25~36
グループで分けられている12点に賭けるもので配当は3倍となります。

◇カラムベット (12点賭け)

グループとは別になる12点賭けになり、横一列に賭けるというもので配当は3倍になります。

◇カラーベット

赤or黒という色に賭けるもので配当は2倍となります。

◇ハイローベット

1~18が「ロー」に、19~36が「ハイ」に入るかを賭けるもので配当は2倍となります。

◇オッド・イーブンベット

奇数に入るか偶数に入るかを賭けるもので配当は2倍となります。

◆ルーレットの遊び方

 

好きな数字に好きなだけ賭けることが出来ます。入る数字を予測してストレートベットで当たれば一番稼げますが、そんなことは難しいので複数の場所に賭けたりして入る数字を狙っていきます。

ルーレットはディーラーが「No more betノーモアベット」と宣言するまでは賭けることが出来るのでたくさん賭けたり、移動させたり、取りやめたり出来るようになっています。

賭け時間が終了したら、ディーラーがホイールと言われる円盤に玉を投げます。

止まった時に入っている数字が当たりとなります。

 

◆まずはやってみよう

 

ルーレットはただ1点賭けるだけと思っていた人もたくさんの賭け方があり、ルーレットの賭ける楽しみが少しだけわかったかもしれません。ルーレットは当たれば大きな配当があるためにとても人気の分予測が大変難しいものになるので、まずは無理のない範囲でやってみて自分の賭け方を模索していったり、ルーレットに使える攻略法なんかもあるので、実際に稼げるのか?を試してみるのもいいかもしれません!